TOP2010年11月

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
うちのお父さん
カテゴリ:私の課題
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
早く一人前になってほしい
生きる力をつけ、楽しい人生を送ってほしい

そんな気持ちから「ほめる」事を
後回し・・・

これが、うちのお父さん

でも、この気持ちを誰よりも理解しているのは子供達なんです。
特にお兄ちゃん。

私には理解できない!って思う事もある


でもね、これで我が家はバランスがとれてるんです。


だから、私はフォロ-役に徹します。
みんなの舵取り

お父さんの言葉の奥底に隠れた気持ち
子供達の気持ち
私の気持ち・・・


発達障がいに対する社会の対応はまだまだ冷たいのが現状
就職すら出来ず、出来たとしても注意欠陥による失態などを理由に
解雇に追い込まれる
その厳しい社会の中を生きていけるのは、ほんの一握りしかいない

子供達を、その一握りの中の一人にする為に
今、社会スキルを身に付けさせる事は
親の務めでもあり、最大の愛情である

今のこの子達にはクリア出来る壁だと私達は思っています。



スポンサーサイト

 
お兄ちゃんの背中
カテゴリ:長男 りぃ 中1
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
夕食後、子供達3人と一緒に近くのコンビニまでお散歩。
帰りは勿論、買い物袋が荷物となる訳ですが
次男のまぁが、荷物を持ってくれた。

お兄ちゃんは、もう中学生
親と歩くのが照れくさいのか、
私達との距離を少し保ちながら後ろから・・・

まぁが、突然こんなことを言いだした

「お母さん、おんぶして!」

「今日は歩きすぎて足が痛いんだよ」

げっ!

「無理だよぉ-、くぅを抱っこしてるもん」

でも、何で急にこんな事を・・・

後ろを見ると、荷物も持たず、のぉ~んびり歩く気ままなお兄ちゃん

「よし!お兄ちゃんに頼んでみよう!(*^^)v」

いつもなら、頑張って自分で歩きなさいと言いたいところですが
お兄ちゃんの反応も見たく

お兄ちゃん、「え~!」とは言ったものの
「15秒間だけだぞ」と、まぁの前に背中を向け座ってくれました。

その姿を後ろから眺めていると、何だか心が温かくなってきた。
もう、こんなに大きく成長したんだなぁ-って。

本当に15秒間のおんぶでしたが、まぁ、とっても嬉しそうでした。

「ねぇ、お兄ちゃんの背中どうだった?」
「ふかふかしていて、めっちゃ気持ちよかった!」

ダウンジャケットのふかふかと
お兄ちゃんの優しさが伝わって気持ちよかったんでしょう

「ずる~い!お母さんは、まだ1度もお兄ちゃんにおんぶしてもらった事ないよぉ-」

返ってきた答えは・・・
「当たり前じゃん、大人でしょ」だって(^_^;)

そ-だね-・・・・・
「でも、キミも、もう3年生なんですけど・・・」と母の心のつぶやき。

そんな会話の中、くぅは、会話の内容が分かっているのか
キャッ、キャッと足をバタつかせて喜んでいました

「お兄ちゃん、猫背!」と、いつも注意されている背中だけど
今日は、素晴らしかったよ~。

Thank you!
ri001 

 
ひとりごと
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
先日、実母と大喧嘩をしてしまった。

私を産んでくれた母親
早くに父親を亡くし、女で一人3人の子供達を育ててくれた母

どんな時も凛とし、男並みの行動力や強さ
そして母親のぬくもりや優しさや持っていた母

そんな母が、年をとるにつれ何だか小さく見えて悲しくなる。

発端は、私が「過去は生ゴミ」と言った事から始まった

「過去は生ゴミである」
もちろん過去があるから今現在があり、そして未来と続いて行く

間違いなく言える事は「過去へ戻ることはできない。」って事

 嫌なことは、早く忘れてしまおう。
どうせ考え込むのならば、明るい未来を想像してみよう

私はそう考える事で、おのずと道が開けていく
今やるべき事が見えてくるのです。 だからこの言葉も大好き

そんな私に母は昔の苦労話しをはじめたのです
前夫との苦労した日々・・・

私にとっては、この経験があったからこそ、今こうして強く生きていける
だけど、何の前触れもなく突然忘れていた記憶がよみがえる事がいまだにある。

今現在の生活に支障をきたすようであれば
嫌な過去は生ゴミとして処理するしかないのです。


突然起こる、なんとも言えない不安感・・・
   叫びたくなるほどの息苦しさ・・・
・・・・・・・・辛いんです(/_;)

つい最近も、この状態に陥ってしまい
薬を飲む為の水を飲もうと口に含むのですが
飲み込むと死んでしまうのではないかと思うほど辛く
何とか薬を飲み、部屋中をウロウロ・・・

耐えきれず友人に電話をし、10分・・・15分・・・と落ち着いていく


そんな忘れてしまいたい過去があるのですが、
当時必死に私を支えてくれた母にとっては
自分の過去を否定されたように聞こえたのでしょうね・・・

      外は、もうクリスマス一色
  k1 あちらこちらで点灯が始まりました。
            
気持ちが落ち着いたら孫達の写真でも送って謝ろう 
k3 k5

そしてありがとうって伝えなきゃ

 
やりたい事が増えた
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
 

 何年ぶりでしょう
風邪でダウンしてました。

39℃以上の熱に止まらない咳
異常な寒気と体の痛みに耐えながらの育児
いつも癒されているはずのくぅが小さな怪獣に見えたような…

くぅちゃん...すくすくと成長しております

k2.jpg 

お兄ちゃん2人にも家族が増え、新たな発見が

k1.jpg


出来る事が増えた・・・と言うよりも
「やりたい事が増えた」といった感じかな!

まぁは 、とにかくよく面倒をみてくれる
初めの頃だけかなぁと思っていたけど、今も変わらず7キロもあるくぅを抱っこバンドで寝かせるほど

可愛がるだけだったりぃも、最近では離乳食を食べさせてくれたり、
オムツを変えたり外出先で抱いてくれたりと助けてくれる

腕の力や足腰の弱ってきた母にはbabyカーや抱っこバンドが無い状態は非常に辛いのだ(笑)
ありがとう

 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。