TOPスポンサー広告私の課題

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP私の課題私の課題

 
私の課題
カテゴリ:私の課題
テーマ:子供の成長 - ジャンル:育児

いつも私が強く思う事
それは、自分達が居なくなったらどうなるのだろう・・・
と言う心配を1つ1つ無くしていく事です。

出来ない理由はいくらでもありますが、だからと言って
何かに頼ってばかりではいけないような気がします。
(子供の成長の速さには間に合わない)

自己評価の低かった子供達にも、出来ない理由や言い訳はいらない
「どうしたら出来るのか」考えなさいと言い続けてきました。

昔私にこんな事を言って下さった方がいます。
「母親がプロのコ-ディネ-タ-だ!」と。
必要なスキルをもった指導者を求めるのであれば、まずは自らが
必要なスキルをもった指導者にならなくてはいけないのかもしれません。

子育てに何が正しいのかは、私もいまだよく分かりませんが
とにかく前向きに挑戦し続けた事が
今の支えになっているのかもしれません

同じ方針で考えられる仲間や支援者と一緒に自分に合った環境をつくり
知識を学ばせ、自立したいと思える子供の気持ちを育てられる時間は
2度と来ない大切な時間。

子供の将来の為に。
自分の将来の為に。

DO⇒See⇒Think⇒Grow
(やってみる)⇒(やってみた事を見直す)⇒(考える)⇒(成長する)

 
Back | Top Page | Next
Comments
じゅんままさんへ
じゅんままさん、いつもコメントありがとうございます!
今が一番大変な時期かもしれませんね
とは言っても、次から次に試練はついてくるものですが・・・(笑)
その分、子供も親も成長できます!なんて有難い試練!

私が振り返っても小学低学年の時期が一番大変でした。
明日の遠足の為、前もって現地へ行かれたとの事ですが、とてもいい考えですね。御苦労さまです!
見えない事への不安も減り、きっと楽しい遠足になると思いますよ
応援してます^^

2009/05/19 15:42  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
自立
本当に考えさせられますね!
うちは、6歳という年齢。2歳の時から(その前から?)悩み、受け入れて前向きに頑張ってきました。子供の自立を考えた時、何もかも手を出してしまうことは、子供の為になりませんよね!今のこの年齢で出来ること(ケースバイケースで)を頑張って、させています。
朝の準備も、自分で考えて動けるように!毎日同じ事の繰り返しなので『次、何するの?』と。時間はかかりますが、『歯磨きして、お着替え~!』と動けるようになってきました。
今は、お兄ちゃん、お姉ちゃんの助けを借りて、お買いものや近所にお使いに行かせたり、いっぱい、お手伝いをさせています。(お手伝いさせる事で、将来、応用が効くようになるそうですよ!)
下校時も、お友達と帰して下さい!と、先生にお願いして、また、その子供の親にも了解を得て、帰ってきてます。(たまには、お兄ちゃんと)

親が居なくなったら、と思うと、姉兄は居るけど、この子達にも将来があると思うと、やはり、自立させる!事が一番の目標です。今までも悩み、落ち込み、立ち直り、その繰り返し!子供に助けられ、家族、友人など、支援して下さる方々に感謝ですね!
頑張ります!
今週、遠足です!一年生は、毎年恒例の場所。事前に遊びに行かせ、お兄ちゃんと歩いて帰らせています!
2009/05/19 09:11  | URL | じゅんまま #-[ 編集/削除]
guchaさんへ
guchaさん、嬉しいコメントありがとうございます。
今まで沢山のお母様方とお会いしたり話し合ったりしてきましたが、どうしても発達障がいという壁は大きく諦めてしまわれる方が多く残念に感じてきました。
皆さんが悲観的になられるのも当然の事でしょうが、悩んでいても前に踏み出しても同じ時間が流れていくのですよね。

私にも無駄な時間を過ごしたと感じる事や後悔に思える事が沢山ありますが、今はその後悔と思う時間を宝だと受け入れ頑張っています。あの時間があったから。と思えるようになりました。

前向きな事ばかり考えているように見えるかもしれませんが、悩みは誰にだってあります。実は見せると甘えてしまいそうで・・・でも他人に依存する事の方がよっぽど怖い。というか依存すると次に進めないんですよね私の場合。
支えになって下さった先生方ともいつかは別れの時がきます。
かと言って永遠の別れではありません。
今でも良い関係は続いていますし、このグログを通して息子の成長を見守ってくださっている事でしょう。
一緒にがんばりましょう!
2009/05/19 02:35  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
考えさせられます
講演会などに行ってもやはり同じようなことを言われますよね。

親が子どもの理解者であり、支援者であるってこと。

同じような感じの子どもさんであっても、親の支援の仕方が違うと全く子どもさんが違ってきているという現状がります。先輩の子どもさんで目の当たりに見ているので…ほんとに怖いです。

でもburumanさんのように前向きにがんばっていきたいですね。わたしもがんばろうv-7
2009/05/18 18:31  | URL | gucha #-[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。