TOPスポンサー広告足りない言葉の裏側

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP長男 りぃ 小1~2足りない言葉の裏側

 
足りない言葉の裏側
カテゴリ:長男 りぃ 小1~2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
外は曇り空・・・傘を持たせなかったけど、お天気が心配・・・
今日は雨上がりに、傘の役目が変わってしまった訳について書かせて頂きます。

りぃ、小学1年生(6月)のある日、学校から帰ってきたりぃの連絡帳にはこんな事が書いてあった。

«水曜日の下校中に1年3組のH君と喧嘩になりH君は傘の骨が折れていたようです。原因は

①りぃさんがHさんに何か言った(りぃさんは覚えてない)

②Hさんは立腹してりぃさんを叩いた

➂りぃさんが叩き返した

④Hさんが自分の傘をりぃさんの方に向けてきた

⑤りぃさんが傘を手で防いだ。その時に押しあったりしていて傘が壊れた。

 Hさんの家から連絡があり調べました。»

この内容だと何か悪口を言ったりぃに対しH君が怒り、喧嘩になり傘が壊れてしまったと私は解釈してしまいます。

・・・・・・。変な汗
また、問題を起こしてくれたなぁ・・
不安な気持ちを抑えながら、私は、りぃが迷惑やご心配を掛けてしまったお宅を把握する為にクラスの連絡網のHさんの名前に蛍光ペンでチエックを入れた。
随分うまってきたなぁー。「ふぅー」ため息が・・・
あっ、でもこのため息のおかげで、今は沢山の理解者が増えましたので^^
逃げちゃいけない!
何とかしなきゃ!
まずは私も、りぃと話をしなきゃ!
落ち着いた様子のりぃとゆっくり話が出来たのは、その日の夜でした。

①下校時、学校に4歳の小さな子供が来ていた

②その子がアバレンジャ-のティッシュを持っているのを見て、りぃが
 「アバレンジャ-だ!」と騒いだ

➂その時一緒にいたH君が
 「アバレンジャ-じゃない!」と否定し馬鹿にした

④りぃが、いじわるそうに言ったH君に
 「小さな子にそんな事言ったらダメだよ!」と言った

⑤H君が怒ってりぃを叩いた

⑥りぃも叩き返した

⑦H君が自分の持っていた傘でりぃを叩こうとしたので腕でふさいだ

⑧その時、傘は折れていなかった

⑨仲直りした

➉その後、H君が開いたままの傘をブンブン振り回して遊んでいたところ傘がひっくり返って壊れた


随分と内容が変わってきました。
私はりぃに、まず小さな子が傷つかないよう優しく接する事が出来た事を褒め、叩かれた時は痛かったでしょう。とその時の気持や記憶を思い出させるよう話し掛けていきました。
そして自分がされて痛かった事は絶対にやめよう!別の方法を一緒に考えよう!と言うと素直に話を聞いてくれた。

うまく自分の気持ちを表現出来ない。うまく言葉に出来ない辛さ
痛いほどわかる。
だからと言って、代弁する訳ではないけれど、きっかけはつくってあげたい。
半分は、言っても上手く伝わらないから・・・という諦めもあるんだと思う
だけど、分かってくれる大人も沢山いるって事、りぃには伝えたくて・・・

次の日担任へこの事を報告した。
少しずつ、少しずつ 何かが変わって行き始めていた。
ADHDを誤解してほしくない。怖がらないで!問題行動の裏を見て! そんな思いで弱かった私が、立ち上がろうとしていたのはこの頃だったのかもしれない。

 
Back | Top Page | Next
Comments
kataroさんへ
私は見習われるような人間じゃありませんよ(*^^)
弱い人間だから、常にアンテナ張って意識しているんだと思いますが・・・
悔しながら謝、私も何度あった事か・・・
頭下げた回数は数え切れません。
2009/06/10 17:21  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
junmamaさんへ
挨拶しても知らんぷりですか・・・辛いですね
そ-ゆう方って子供への愛情の方向が、どこかずれているのではないのでしょうか。
子供可愛さのあまり自分の子供の非が受け入れられない・・・

junmamaさん宅に限らず、何処に対しても何に対しても、そ-ゆう考え方や態度しか取れないんだと思いますよ。
2009/06/10 17:17  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

気持ちが上手く伝えられない、特に問題が起きた時に、相手の一方的な意見だけが通ってしまう。誤解を招いてしまい、可哀そうなのは、気持ちをうまく伝えられない子。
分かってもらえないじれんまで、自信を無くしてしまう。分かってくれる人がいれば、必死で伝えて来るはず!
障がいがあるというだけで、“あのこは・・・こうだからね!”と理解の無い親は、考えがち。
でも、違うんだよね!
根本的な問題は、障がいの有無に関係なく、どうしてこの問題が起きたのか!それを理解してあげる事だと・・・
burumanさんと同感です!
うちも、苦い経験しました。両方が悪かったのですが、先生は分かっていたのですが、子供がみんなの前で、うちの子がしたと・・・
その後のフォローがなく、先生に連絡して、その子供の親に先生から連絡が・・・
しかし、その親は、“うちの子にかぎって~!”
ですよ!先生に言いつけたとしか取れない親!  それから、こちらが、挨拶しても知らんぷり!
難しい問題ですよね。でも、そんな人ばかりではなく、歩み寄って来られる人もi-228
私も、いろんな人に理解してもらおうと歩み寄ってます!
2009/06/10 13:36  | URL | junmama #xmZaWf.c[ 編集/削除]
burumanさんを見習いたいです。
burumanさんって、なんかこう 不屈の精神をお持ちだなぁと思いました。
すばらしい。
burumanさんはきちんと子どもに話を聞いて、りぃくんもちゃんと説明できて、素晴らしい。
我が家の翔は家では「もう聞かないでっ!!」って耳ふさぎをしていて(それまで散々学校で責められながら聞かれるので)
先方が都合よく言うのを くやしがりながら飲み込んで謝ってきました。
burumanさんのようにできたらなぁと つくづく思います。
2009/06/10 13:35  | URL | kataro #-[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。