TOPスポンサー広告気付かせて頂いた大切な事。

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP長男 りぃ 小1~2気付かせて頂いた大切な事。

 
気付かせて頂いた大切な事。
カテゴリ:長男 りぃ 小1~2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

今日、りぃの担任は出張で不在だったらしく
出張先から連絡を頂いた。

運動会閉会式での整理体操で足が痛いのか
曲げるのが辛そうだったと心配して下さっていました。
細かいところまで気がつき、相手の話しを
じっくり聞いて下さる 素敵な先生です。

そうか・・・今日は先生居ないんだ 
そう言えば昔こんな事あったよなぁ~っ
思い出したので、またまた昔話させて下さい。

大変だった小学1年生
ようやく慣れてきたある日の出来事。
学校から帰って来たりぃがこんな事を言ってきた。
「今日違う先生で、えんぴつを落とさない!音を立てない!!
って叱られた。すっごく怖かった!」
この日は担任の先生が出張で為不在だった為、
別の先生が入って下さっていたのです。

最近チックがひどく高い声でも出して叱られたのではと
心配になり次の日連絡帳で連絡。
担任より返ってきた返事の中には
「学校には色々な先生がいることを知る事もいい勉強かもしれませんね」
と言うことが書かれていた。

その時の私の気持ちは仕方がないか・・・
という諦めの気持ちが半分ありましたが
その意味は学年を追うごとに、はっきりと分かってきたのです。

どんなに素敵な先生に受け持って頂いても
学年が上がれば別れもあります。
運よく同じ先生にあたっても、学校中の先生方全てが
りぃの事を理解して下さる訳もない。
発達障がいに対する考え方も先生によって様々。


このころの私は、新しい出会いに抵抗があり悩んでいました。
また1から説明し、信頼関係つくっていく自信がなく。疲れてきっていた

でも、この先生の言葉が私を救ってくれた ような気がする
依存してはいけない!

世の中にはたくさんの考えを持った人がいて
思うようにいかない事もあるってことを、この子に教える事。
そこから少しずつ頑張ればいいってことに気づかせて頂きました。

肩の力がす-っと抜け少しだけ楽になれたのを覚えています。

 
Back | Top Page | Next
Comments
junmamaさんへ
そうですね^^
でも、最低限の支援を受ける義務はありますからね
おかしな対応や納得できない事に関してはburumanどんどん追求し改善に努力しますよ~!
2009/06/11 16:21  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
sus440cさんへ
いつもコメントありがとうございます。^^
同じ時間帯にお互いのブログ訪問してたって訳ですか^^ 
ありがとうございます!
子供も強く親も強く 日々勉強ですね。^^
2009/06/11 16:19  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

以前、天使が児童ディサービスで、〇〇園に通ってた時、『そこは、仲間がいて、私が落ち着ける場所』と、障がい児を持っている親友に話したら、
『子供は、成長して行く、子供の成長を思うなら、居心地が良くてはいけないんだよ!いろんな壁を乗り越えなくては・・・』
まさに、これですよね!
経験のない子は、生きていく力がない。甘い蜜ばかり吸っててもいけないんだよね。
誰に対しても言える言葉!苦労を経験した人は輝いているのは生きていく力があるからでしょう!
人間、飴と鞭ですねi-179
娘の作文、一生の宝物にして頂いてありがとうございます!
2009/06/11 10:00  | URL | junmama #xmZaWf.c[ 編集/削除]

ちょうど
こちらのほうに
コメント
させていただいているときに
私のブログに
コメントいただいたようで
有難うございます

そうですね
一生ものの宝物ですねv-353
2009/06/11 00:28  | URL | sus440c #-[ 編集/削除]

今晩は^^

たびたびご訪問
有難うございます

>「学校には色々な先生がいることを知る事もいい勉強かもしれませんね」

本当ですよね
子供にっとって
いいマッチングは
常にあるとは限らないですよね

私たち夫婦も
息子が小学校に入学する前
総合福祉通園センターで
とっても質の高い療育
先生方のかかわりを受けていたので
ここを卒園したら
一気に厳しい現実が待っているだろうと
構えていました
小学校に入り今年は
先生に恵まれているのでいい感じだと思うのですが
 次はと思うと不安に感じることもあります

今回の記事を
読ませていただき
これからまだまだ続く療育の中で
いつも順風ではなく
その中でありのままを受け入れてゆける
強さを身につけなければならないと
感じました
有難うございました
2009/06/11 00:11  | URL | sus440c #-[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。