TOPスポンサー広告頭の中の引き出し

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP長男 りぃ 中1頭の中の引き出し

 
頭の中の引き出し
カテゴリ:長男 りぃ 中1
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
あ~、やっと終わりました 期末テスト!
今日はなんだか気が抜けてちゃってるburumanです。

テストでは、ちゃんと「頭の中の引き出し」引き出せたらしいです。
昨日、今日と、爽やかな笑顔で満足気にご帰宅のりぃ。

不思議だね・・・・・
夕べはあんなに悩んだのに。
やっぱり、ちゃんと入っていたんだね。

引き出せてよかった。

りぃに聞いてみた。
どうして薬飲んでる時は引き出せるの?

「う-ん、僕もわからないんだけど、飲んでる時は問題の意味が理解できるんだよ」

「薬が効いていないときは、何を言われても理解ができないし思い出せない」

「でも、今日は薬が効いていたから出来たよ^^」



りぃが
薬を飲み始めたのは5才の時です 
リタリン(中枢神経刺激薬)
ド-パミンとノルエピネフリンという神経伝達物質を増加させることで、脳の水準を上げ注意集中を持続させると考えられている薬
近年ではこのリタリンの悪用化が増え、この薬の処方は厳しくなり別の薬に変わりましたが同じような効果があり問題なく過ごせています。

あれから7年、毎日薬を飲み続けています
今では、自分で飲む事が出来ますが、当時は量の微妙な調節を繰り返していた為、粉薬。
小さな口へ毎日、私が薬を入れ飲ませてきました。

正直、身を引き裂かれる思いでした。
なんで、こんなちいさな子に…私は何を飲ませてるの?・・・

確かにこの薬の服用を始めた事によって、問題行動もぐんと減り、安全に生活を送れるようになりました。
でも、どうしても、薬で操られている。という抵抗が私の中にあり
でも、この子の命守る為!と何度も自分に言い聞かせてきました。

飲まないと死んでしまうというものではありませんが、多動で注意欠陥の激しい子供だった為
家から1歩出た瞬間から、事故などの心構えが必要だったのです。
毎日そんな息子に付き添って、私も疲れていました。
息子も疲れていたに違いありません
まさに「ブレ-キの効きにくいスポ-ツカ-」そのもの。
そんな息子の命を守る為、決断。

泣きながら、息子に処方された薬を飲んだ事もあります
いったい、どんなもの飲んでるのか確かめたかったから・・・

りぃのDrは、優しく「そう、飲んでみてどうだった?」と聞いてくれました
自分自信が興奮していた為か、その時は指先がしびれた事しか覚えていなかった
「どうして?先生、怒らないの!?」と心の中で私は叫んでいた

否定せず、接してくれた先生の優しい言葉が、私に「もう、絶対そんな事しない」って誓わせた。

それと同時に、子供も一緒なんだと教わったような気がする。


 
Back | Top Page | Next
Comments
sus440cさんへ
4連休ですか!
ゆっくり体を休めて下さい^^
薬については、とことん調べましたし、安全な薬だという事も理解しているつもりなんですが、やはり薬物。・・・
依存の心配も、どこかにあるのでしょうね
でも、大量に服用している訳ではありませんし、息子にとって、お守りのような存在になればと考えています。
ありがとうございます^^!!
2009/06/25 16:07  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

おはようございます^^

いつもありがとうございます
昨日は息子と朝までぐっすりでした
お返事遅れて
すみませんm(__)m

burumanさんの
身を持って伝える姿勢と
先生のやさしさ
本当にすばらしいです

お薬のほうは
以前講義を受けた時に
講師の精神科医の先生が
症状を抑えるのではなく
整えてあげるもの
といておられました

その時にお薬に対する
想いが少し変わりました

困難を抱えている人にとっての
サポーターの一部なんですね
お薬って

りぃ君
お疲れ様でしたv-425

今日からまた4連休です

2009/06/25 08:32  | URL | sus440c #-[ 編集/削除]
fightmamaさんへ
訪問、コメントありがとうございます。
今もリタリンですか?
うちは、あの問題からコンサ-タに変わりました。
今となっては幻の1錠が、我が家には思いでとして残してあります(笑)

見る人から見れば薬で子供を抑えつけているんじゃないか!なんて考える人もいるかもしれませんが、全くの逆で必死に教え込まなきゃいけないのですよね。
気持分かって頂いて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました^^
2009/06/24 23:57  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
こじまるさんへ
さっき、こじまるさんとこ、おじゃまさせて頂いてました^^
曲を1曲プレゼントさせて頂いたのですが、なんかうまく出来なかった。
でも、なんとか見れますので^^
自分だけのスト-リ-つくっていって下さい。

薬・・・この薬は特殊ですから、簡単に誰にでも処方できるものではないのです。
副作用も多く、そこを何とかクリア-する為、小さな変化も細かくチエックし量の調節をしていきました。
成長とともに抵抗力もつき、今では大切な生活の一部になっています。

2009/06/24 23:39  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

初めまして・・、fightmamaと申します。
うちの息子もリタリン飲んでます。本来は知的に高い子に出す事が多いらしいですが・・うちの息子は知的に大変遅れがあり、話しもできません。でも、結果微妙に違う気がしますi-229毎日の生活の中で少しでも何かに集中して何かをつかみ取って欲しいです。他にも情緒の安定を保つための薬や、睡眠を確保するための薬も毎日・・、薬が1つ増える度に辛い気持ちでしたが今では薬がなければこの子が辛いんだ、って思ってます。最初の薬を飲ませた頃の自分の気持ちを思い出しましたi-241
テスト、無事に終わってよかったですねi-179burumanさんもお疲れ様でしたi-260
2009/06/24 23:31  | URL | fightmama #-[ 編集/削除]

普段風邪薬でさえ抵抗のあるこじまるです。
だから、burumanさんの心の葛藤がいかに鮮烈なものだったか、想像して余りあります。

小児科医で、
「お母さんも飲んでみるといいよ」
とおっしゃる方がいますが、
こういう薬は、処方されてない人が飲むと怒られるものなんですか?
でも、お母さんが身を挺して確かめたんですよね。
本当に子どものための薬かどうか・・・
結局効果は体感できなかったとしても、その気持ちは理解できます。
2009/06/24 23:11  | URL | こじまる #-[ 編集/削除]
ricocoママさんへ
訪問、コメントありがとうございます♪
緊張の食事時間ですよ ほんと・・・
でも、そのおかげで子供達も成長していますし
子供達にとっては当たり前な時間になっているようなので
私はさら~っとフォロ-入れたり、助け舟出したりしています^^

そう、薬飲んじゃったんです。わたし(*_*)
忘れもしない、コンビニ前の駐車場で。
半パニック状態でした。 (^^ゞ
2009/06/24 22:52  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
はじめまして♪
はじめまして。
ご訪問・コメント ありがとうございます♪
食事中の躾に厳しいパパさん、すばらしいとおもいますよ。

そうですね。
風邪薬と違って 毎日飲まなきゃいけない薬・・・。 小さな子どもに飲ますことに抵抗感じるのは 当然ですよね。 お母さんが 飲んでみたところを読んで じ~ん。ときました・・・。そのときは ホント 辛かったでしょう・・・。
そして、いいお医者様で 良かったですね。
2009/06/24 22:24  | URL | ricocoママ #-[ 編集/削除]
はらぺこ親父さんへ
でしょ、とにかく辛かったんです。
今でも、いったいいつまで飲み続けるんだろう・・・って不安になる事もありますが、前向きにね!^^
最近では自分で病院へ行く事も少しづつ教えています。
テスト終了、バンザイ!
ありがとうございました\(^o^)/
2009/06/24 22:19  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

burumanさんの行動、自分もしちゃうと思います。
先生の対応も素晴らしいですね。

「否定せずやさしく接する」
わかっているんですが難しい…(汗

テスト終了、バンザイ!
2009/06/24 18:15  | URL | はらぺこ親父 #-[ 編集/削除]

うん、薬に助けられたかもしれないけれど
薬とうまく付き合い、飲んでいる間に必死に頭に入れ込んだりぃは偉いと思います。
守ってくれる魔法か・・・^^
いいね、それ^^
ありがと-!
2009/06/24 16:41  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

りぃ君、無事終わったんだ~!
burumanさんのホッとした表情が目に浮かぶ~i-228
りぃ君、頑張ったよ(^^)自分で頭の引き出し出せたんだぁ!出来ると信じてましたi-179

薬かもしれないけど、りぃ君に自信をつけさせ、守ってくれる魔法なんだよ!(^^)

>泣きながら、息子に処方された薬を飲んだ事もあります
いったい、どんなもの飲んでるのか確かめたかったから・・・
母、偉い!愛情の深さ感じました。
2009/06/24 15:53  | URL | junmama #xmZaWf.c[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。