TOPスポンサー広告「発達障がいって何?」

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP長男 りぃ 小1~2「発達障がいって何?」

 
「発達障がいって何?」
カテゴリ:長男 りぃ 小1~2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
健常児をもつ保護者の方々の参加や教育関係の方々の参加が圧倒的に多かった講演会。
参加者の皆様より、アンケ-トを通して沢山の声を頂きました。
個人情報の都合もあったり、数が多すぎる為、全てを公開することは出来ませんが、是非ご覧ください。
今回は、こども療育センタ-Dr 「発達障がいって何?」をテ-マに頂いた感想です。双葉




子供の意欲を育てながらいごこちの良い環境を作って子育てくをしていきたいと再確認させられました

うちには、1歳になる娘がいます。毎日良く泣く子で、「なんでそんなに泣くの!?」と正直イライラすることもあります。言葉にできない子供のサインを見逃さず、うまくキャッチしていきたいと思いました。

障害も個性の1つということを聞いてホット安心した母です。

行き場が無く親も子も真っ暗なトンネルの中にいます。私たちを救ってくれる場所はどこでしょうか・・・未来は・・・!?

発達障害のはじめの部分のお話で、うなずける様なことが多かった。
 
今回の講演は自分自信LD、ADHDについて深くしているところなのでとっても参考になりました。

子供と親御さんを見つめるあたたかい目、励まし、私も見習わなければいけないことが沢山あると思いました。

4月から保育士として働く一員として、すごく自分のためのなる話でした。○○が出来ないから出来るようにするというやり方ではなく、性格がそれぞれ違うのだから、他のなにかに自信をつけてあげられるような所を見つけたいです。

普通の子供との接し方なども、はっとさせられるようなことがありました。私もあたたかい気持ち、心と心で子供たちと通じていけるよう努力したいです。そうして、その子のよさを見つけていけたらと思っています。

現在特殊学級を担当していますが、話を聞きながら反省すべき点が多々ありました。もっともっと子供の良さを認めていこと思います。なかなか話し言葉の出ない子供のついて、小さなサインを大切にしていきたいです。

1度ヘルパーの講演会にきてほしいです。

教師として接し方根本的な考え方を変えなくてはならないと痛感した話でした。



読むの疲れちゃいましたね ハハハ 興味のある方はもう少しお付き合いください。お願いburuman

「子供を変えるのではなく、その子に応じた働きかけをする」こと。これからの毎日に生かしたいと思います。

じっくりと我が子に向き合いたくなりました。

子供の持っている個性を延ばしてあげることの支援の難しさが分かった。

その子を丸ごと受け入れることの大切さを感じた。教員としてはどのような手立てを講じるか、どんな目で一人一人の子供を見るか、環境設定を常に意識しないといけない。

多動の原因は「不安」ということで、もっと分かりやすい言葉かけや視覚的なアプローチを工夫する必要を感じました。

涙がこぼれました。先生のお話を伺っていると「子育て」は本当に素晴らしい営みであると再認識しました。

今まで知らなかった障害のことを少し理解することが出来ました。でもこれからもっと知っていかなければ、と改めて感じています。

「気づき」が支援の一歩という言葉がとても印象的でした。子供たちの興味・関心できること、得意を生かして、子供たちの良さに磨きをかけることのできる指導を行っていきたい。その為には、まず子供たちと多くの関わりをもちたい。

障害に目を向けるのではなく、その子の個性を見つけ延ばしていきたいと感じました。

日々子供たちに関わっている保育士として心のゆさぶられる内容でした。

「生まれてきたことを喜べる子供に・・・」という言葉が心にとまりました。自分も考えたことがなかったので、すばらしいい事だなと感じました。

これからも子供達の自己肯定感を高める声かけやコミュニケ-ションを大切にしていきたいと思います。

障害のあるなしに関係なく育児の原点を考えさせられました。子供のことを認めてあげて良いところを沢山みつけてあげたいと思いました。

すごく感動し涙がでそうになりました。みんなちがって、みんないい。本当にいい話ですね。

子供達のサインを見つけ、それに答えることができる職を得ています。出来るかどうかは自分次第、自分次第で子供達の未来が変わる。それを改めて自覚しました。

「みんな違ってみんないい」という言葉は私も同感する部分があります。子供はみんな力をもっている、ただサインを出す力が弱いだけだという言葉が心に残っています。

子供との関わり方1つで何とも言えない「幸福な時」を得られるのかなぁ~どんな子供も一緒、「うん そうだよね!」
もっと早く話が聞ければ、もっと素晴らしい子育て人生が送れたかなぁ~

発達障害について少し分かった気がします。もっと勉強したいと思います!

目に見える障害より目に見えない障害のほうが、昔に比べ多くなってきたように思います
皆で見守りながら地域の子供は地域で育てたいと思います。
親も子供も独立しないように。

自分の子供がどんな風にしたら得意分野を伸ばしていけるのかなと考えさせられました。



jumee☆CoffeeBreak3b一息入れて、また明日でもご覧下さい。 長くてごめんなさい。 buruman

色々なタイプの子供さんがいるので対応の仕方が分からない時がある。

サインが見えない自分の感性のまずさに気づけるか発達障害だけでなく、高齢者や一般の方々のサインに気づけるか自分を見つめなおすお話でした。

子供のサイン得意を伸ばして頑張ります。

その子供を、あるがままに受け止める事と、その子供が持っている可能性をいかに楽しで楽しみにしてやっていく事が大事かという事を再確認しました。

話を聞きながら自分のクラスのことを考えた。話の中に子供を伸ばすのも、それ以外も教師であることを話され、まず認めること、褒めることから実践していきたいと思う。

当たり前の日常を当たり前に過ごすことが、大切なんだということが分かりました。違って当たり前、この言葉が心に残りました。
知らず知らずの間に取り除いてしまう。なんだか、はっとさせられました。
その子その子の持つ文化を大切にすることを実感しました。とくに診療前に遊んで行動観察するというゆとりのある医療に感動しました。

独身の私にはちょっと難しかったです。

その子にあった声かけが必要であることがわかった。

本校(○○養護)にも様々な相談があるので、多くてビックリしています。保育園からの相談も増えてきたので、親御さんの不安を取り除けたらいいなぁと思います。少人数での勉強会をしてほしいと思います。

環境改善的アプローチに関心を持ちました。具体的なアプローチをもっと知りたいと思いました。

子供の発信するサインを受け取る人が、とても大事だということも知りました。

一時障害から起こりうる、二次的障害・・・これを防ぐ環境設定の大切さを知りました。

子供を変えようと思う前に子供を知ることが必要。子育中の私にもとても必要なことです。

私もそうですが、自分の子供は障害とは無関係・・・と思ってしまうものです。障害を持つ子供を受け入れる気持ちは大変なものだと思いますが、全てを受け入れる親子の関係はすごいなぁと思いました。

日ごろ言葉を使って人とコミニュケーションをすることに一生懸命になっていたような気がします。もっと心を使って相手を分かろうと努力していくことが、大事だと考えました。
子供たちと周りの人とも、もっと心で話せるようにしていきたいと思いました。

私は正常な子供を産み育てましたので「発達障害」って言葉も始めて聞きました。勉強になりました。レクレーションなどで、対応できるようにしたい。



さぁ、そろそろ終わりに近づきました。nico  buruman

子供一人一人の個性を認め無条件の愛情を注ぐことが、子供の健やかな成長を促す第一であると痛感しました。

接し方をその子にあわせて変えていき、得意とすることを多く見つけ出してあげたいし、自信をつけてあげたいと思った。

子供の叫びが聞けるような、関わりが出来るようになりたい(大人の含めて)

子供の良いところを探す!見つける!これは保育士にとっても大切なことですね。
生きる喜びを子供たちに伝えたいです。

子供からのサインをズット見逃していたような気がします。
今もまだ気づいてやっていないのかもしれないと思いました。

実践を基盤にして障害者の目線で優しくいたわりの気持ちが見受けられ感動的であった。

障害を持つ子供のサインをとらえることが大切だということが分かりました。何らかの形で出しているサインを見つけ出すことも周りの関わりとして大事だと思います。

障害を持った子供であったとしても、その子のできない所ではなく、できる所、得意なところを見つけることが大切だと思った。

周りの環境を整えてあげたいと思った。
例えば、教師や教室の数を増やして安心して過ごせるようにしてあげたり。

子供が大きくなろうとも、「いつでもあなたを見ているよ」という気持ちで毎日を送っていきたいです。

子供のよい所を見て伸ばせるように努力したいと思いました。
子供への接し方について考えさせられました。

達障害について理解することが出来たと思います。

発達障害の子供達が増えてきている中で、周りの大人(親を含め)がまず前向きに考えて、何でもマイナスに考えない!ということが大切だと考えさせられました。

言葉にならないサインを感じ取りそれによってコミュニュケーションを豊かにすることは、とても大切だと思った。

サインを出している子供にはすぐに対応していましたが、サインを出せずにいる子供をつい後回しにしていました。ゆったりとした気持ちで小さなサインに気づき対応できるようにしたいと思った。

大人はある程度、その時に対応した行動ができると思いますが周りにいる子供はなかなか難しいものがあると思います。
              
 平成17年2月22日 講演会より

最後まで、読んで頂き有難うございました。
次回は、学校教育庁教育課 「今後の特別支援のあり方」についての感想を載せますね。お時間のある時にどうぞ。


 
Back | Top Page | Next
Comments
junmamaさんへ
なっが~いの読んでくれてありがとう
疲れなかったかしら(*^^)

でも、絶対皆さんに伝えなきゃって思ったの。
こんなにも応援してくれる人達が居るって事!
世間が冷たいのではなく
どう関わって良いのか分からないだけ、知らないだけなんだよね。
たまに、例外もあるけど・・・
次回の回答でわかるよe-330
2009/06/29 16:42  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
はらぺこ親父さんへ
為になる講演会は沢山あります^^
でも、子育てって、教科書通りには、なかなか上手くいかないもので
色々な情報を、子供にあった部分だけ選別する事も必要かな・・・と思います。

私、普通の子育て講演会が嫌いなんですよね(ごめんなさい)
その理由は、多動の原因は親の躾や環境が悪いからとか、食べ物のせいだとか・・・
散々私達が力入れてきた事を、あっさり躾のせいにされているような講演会は、苦手なんです。
頑張っていても、苦手でも、それでも頑張っている子供達や親の事
もっともっと声をあげて伝えていきたいです。
2009/06/29 16:36  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
そうたママさんへ
コメント、そしてメ-ルありがとうございました。
気付くの遅くてごめんなさいね。

そう、周囲の理解は大きな支えです!
「支えられて頑張れる。」
そう思います。
コメント頂ける事もburumanの大きな支えです!
ありがとうございます。
これからも、宜しくお願いします !(^^)!

2009/06/29 16:22  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
たいママさんへ
そうですね、子供が小学生、中学生と成長していく過程には
親と過ごす時間より長い時間を過ごす学校という環境が大きく関わってくると思います。
いくら家庭で、その子に合った対応をしていても
外の世界での理解が無ければ、子供も親も
そして教師までもが苦しむ事になりますからね。
理解してくれる人は沢山いますよ!^^
2009/06/29 16:17  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
ここさんへ
そうですね
「みんなちがって、みんないい」
障がいの有無に関わらず、全ての子供への関わり方は
同じなんだと思います。
私が次男の診断名にこだわらないのも、
長男と同じ関わり方をしているからなのでしょうね(*^^)v
2009/06/29 16:06  | URL | buruman #-[ 編集/削除]
sus440cさんへ
デ-タ自体は、もともと管理されていた物ですが
同じような内容の物や、個人情報等の含まれている物の編集に
ちょっと時間掛かってしまいました。
と言っても無理のない程度に進めていたので大丈夫ですよ!
でも、こんなに沢山の回答載せて、皆さんが見て下さるかなぁ・・・って
内心不安はありましたが、少しでも外からの声を皆さんに伝えたい思いで、頑張りました。
最後まで読んでくださり有難うございました。^^
2009/06/29 16:01  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

嬉しくなるアンケートですね~i-179
burumanさん達の成果がこのアンケートの出てますね(^^)
本当にありがとうございます!
このような取り組みをされ、教育関係者などに理解してもらう事は、障がい児、またはグレーゾーンにいる子供たちにも良い関わり方ができ、早期発見する事も出来るのでしょうね。
もしかして、と悩まれている親御さんも沢山いられるでしょうが、何処にどう相談していいのか分からない、相談するのも恐いといった方にも勇気を与えた事でしょう(^^)
まずは親の理解から始まり、幼稚園、学校、地域と広まっていく事を願います!
住みやすい社会になる事をv-353
また、次も楽しみに待ってます(^^)
2009/06/29 12:47  | URL | junmama #xmZaWf.c[ 編集/削除]

健常児の親の参加が多いというのは素晴らしいことですね。(動員のためのご苦労も多かったと思います)
皆さんのコメントから会が素晴らしいものだったのがわかります。
自分も参加したかった。

2009/06/29 12:38  | URL | はらぺこ親父 #-[ 編集/削除]

こんにちは
たくさんの感想ですが 読むうちに嬉しくなってきました♪
発達障害に関しては 子育てに悩んでいる親御さんもそうですが 無関係だと思っている方にも ぜひ知っていてほしいですね
周囲の理解は 障害を抱えている本人や家族の大きな支えになるはずですから

皆さんの感想を読むと この講習会は 発達障害についてすごくわかりやすく説明されて 理解を深める方が多かったということが伝わってきます
こういう活動(機会)を広げていくのも すごく大事なことだと 私も思います☆

(先ほどメールしましたので お時間がある時に見て下さぁい)
2009/06/29 10:34  | URL | そうたママ #qbIq4rIg[ 編集/削除]
うれしいですね☆
たくさんの感想を読ませていただいて、正直、とても嬉しく思いましたe-420
保護者だけでなく、保育士や学校の先生方の参加がとても多かったのですね
そういった方々がこのように理解を示してくれること、とても心強く思います
日中の長い活動時間を預けるには、先生方の理解あるなしでこちらの安心や本人たちにとって落ち着けるかどうか、かなり違ってきますもんねe-454
そして、burumanさん方々の努力がこんなにも皆さんに通じてよかったと思いました
今は、身近なことだけで精一杯だけど、いずれ私もいろんな方に理解を求めるような活動の手助けできればなぁと思います!
読ませていただいて、ありがとうございましたe-454
今後も勉強させていただきますe-420
2009/06/29 10:21  | URL | たいママ #-[ 編集/削除]
参考になります
皆さんのアンケートの声を読んでいるうちに自分の子供への接し方を見直してとても参考になりました。
これからも、時々、読み返して、子供への接し方を間違えないようにしていきたいと思います。
2009/06/28 22:54  | URL | ここ #-[ 編集/削除]

今晩は^^

御心配おかけしてすみません
本当に無事でよかったのと
ぶつかった衝撃も小さく
車もほんの少しへこんだだけでした

しかしながら
後少しスピードが出てたら息子たちは
と思うとぞっとします



本当に
これだけのたくさんの
感想文のほうの
入力お疲れ様でした
buruman さんの
あきらめない
という気持ちが
この記事からもうかがえます
本当にすごいお方です(敬礼ッ)

特に
感想の中の
「みんなちがって、みんないい」
今妻が参加しているサポートの会
のテーマにもなってると思いますので
burumanさんたちが
最初に言われたお言葉なんだと思いました

そして
こられた方の大半が
前向きに考えてゆこうと
されていたことが
素晴らしいです!

いつも
burumanさんのところに来ると
素晴らしい気付きを
いただけるので
感謝しています

本当に
お疲れ様でした

そして
明日から
また一週間が始まりますが

どうか無理なく過ごされますように

2009/06/28 22:53  | URL | sus440c #-[ 編集/削除]
こじまるさんへ
e-259こじまるさん、こんな文字沢山の記事
早速読んでくださり有難うございます。コメント第一号です!
こんな文字だらけの記事、皆さん読む前にうんざするだろうなぁ-って思い
今頑張って修正掛けていました。
最後まで読んでくださったなんて、感激です!
嬉しいです!
2009/06/28 22:23  | URL | buruman #-[ 編集/削除]

burumanさんたちの手作りの講演会が、どれだけ有意義だったかが伺えるようですね。
「感動しました」とか「考えさせられました」というコメントも嬉しいけど、「独身の私には難しかった」等の率直な感想もなるほどな~~~と思いました。
私なんて子どもがいて、それもボンズが生まれて三歳を過ぎるまで自閉症なんて知らずにすごしていましたから。
今頃慌てて知識を詰め込んでるところですが、
「頭の片隅にでも覚えておいてください」
って、ホント、当事者になって実感として思いますね~~~。
2009/06/28 21:42  | URL | こじまる #7nNQg5pI[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。