TOP

 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
意識の変化と不思議なタイミング
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
前回の記事では沢山の貴重なご意見ありがとうございました。
教育委員会がなかなか動いてくれなかったような書き方になってしまったようですが jumee☆sweat2Rb 早急な対応をして下いました。

何度も足を運んだのは確かですが、当時私は「発達障がい児を見守る親の会」の会長をさせて頂いており、このような場所へ足を運ぶ事は頻繁だったのです。 会長って言っても、大した事出来ませんでしたが・・・jumee☆sweat2Rb
信頼できる方々も沢山居て下さり、不安な気持ちを落ち着かせる為、自然と足が向かっていたのですね~

なかなか動いてくれなかったのは 学校 なんですう~ん

ようやく学級も2人体制になり、穏やかな学校生活が戻ってきた
だが、この先生の採用は、その年1年間のみ・・・
来年もこのような状態が続くとは限らない
又、ひと頑張りしなきゃね!と気合いも入れつつ、心の何処かに不安も抱えている私に次の課題が迫って来ていた。

りぃの意識に変化が・・・

「僕は、もう大丈夫!5年生からは普通クラスで頑張りたい!」
「お友達も沢山作りたい!」


そうなんです、この学校は特別支援学級が、離れ校舎の片隅に配置されており普通クラスとの交流も、限定された教科の時間ぐらい うーん

そんな中、支援クラスの生徒をからかって笑う子供達も居る訳で、この頃りぃは敏感に反応し始めていた。
来年は5年生、高学年に近づくにつれて、私達の意識改善の時が迫ってきていたのだ。
だが、このままこの学校内での普通クラスへの移動は、今までの様子を見ている限りでは無理がある・・・

前学校へ戻る事も考えたが、正直まだまだ支援が必要な事は事実であり、そこをクリア-出来るまでの環境は整っていなかった。

では、他校へ転校?黒板 ・・・う~ん
そうだね・・・

又、学校探しが始まった。
それと同時に引っ越しも考えなければいけない

当初は県内で探していた
その訳は、「親の会の存在」と「取り巻き環境の維持」

これまでに、支えて下さった方々との別れを恐れているばかりに、私は自然と子供の可能性を潰してしまうところだったのかもしれない・・・

散々悩んだが良い結論が出ない
そんな中、主人の進めで、慣れ親しんだ地域の枠を離れ、県外へ足を運んで見る事になった。

『絶対に無理』 『ありえないよ!』

そんな気持を抱えながらも何度か下調べをした、いくつかの地域の学校を見学する事に・・・。
(特別支援学級へ通級しながら
     普通クラスへ在籍する事を条件に)
 忙しい日々が続いた
そんな中、意外にも、りぃの笑顔に驚いたある学校との出会いがあった。顔-ビックリ2びっくり ビックリ ! 今まで見学した学校では見せなかったリラックスした表情ハート

小学校の直ぐ隣には中学校が隣接して建っており、環境も良い!
意外な気持で帰った事を覚えている。

そんな中、思わぬ知らせが我が家へ飛び込んで来た
当時、住んでいた住宅敷地が道路拡張の為、正式に立ち退き依頼!!

当時の私達の背中を押すような知らせでした。

今?うん・・・今しかない!!
これは キラキラチャンスキラキラ として受け止めよう

それから、急ピッチで転居の準備が始まった。x

 
いい加減にして!
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
jumee☆school1 学校から帰って来たりぃの首が赤くなっていた。
「首どうしたの?お友達とケンカでもした?」私が尋ねると
「先生に首をつかまれた。息がうすくなった」とりぃは答えた。

事実確認をすると担任は
「私の指導力の問題だと思いますが
これからも努力しますので、どうかご理解下さい」ぺこり
との返答。


首の傷
(その時の写真)

「先生に首を絞められた」・・・これは、はじめて聞く言葉ではなかった
事実確認をすると、決まって担任からはお決まり文句のように
「問題行動をとったりぃに対し止める時に
   そう感じたのではないでしょうか・・・気をつけます」

確かに暴れ抵抗する子供を抑えつければ
こんな傷も付いてしまう可能性は高い
だが、このままでは・・・
私は心の傷どころか身の危険を感じ、『ぞっ』とした。唖然



H18 6月1日のこと
自宅のトイレに血液がおちていた・・・何だろう?
その日の入浴時に「鼻血が出た」とりぃが騒ぐ
話を聞くと、りぃはこう言った

「今日先生に鼻をぐりぐりとつままれた」
「鼻をぐりぐりつままれて、顔が浮くほど激しくて
    鼻の骨が折れるかと思った」

それが鼻血との関係があるとは一概には言えないが、急いで事実確認をした
担任からは、やっぱりこの言葉

「私の指導力の問題だと思いますが
   これからも努力しますのでご理解下さい」


もう、いい加減にして!聞きたくない怒る!!
私の怒りは限界に達していた!


教育委員会へ何度も何度も足を運び、この事実を全て話した
涙、鼻水、どれだけ流した事でしょう
必死だった、必死に親としての思い、この悲惨な現状を伝え続けた

議会で問題として取り上げて頂いた事もあった
その都度、傍聴に足を運び、このような子供達への環境問題について沢山の方々と話し合った。

思いが通じたのか
間もなく学校教育庁より、りぃの通う特別支援学級へ視察が入る事が伝えられた。
その結果、直ぐに介助員が新たに配置される事になり、元気な若い男の先生がやってきた涙

学級は2人体制になり
りぃは徐々に笑顔を取り戻してくれた。

この頃、学校業界では、職員の評価制度が始まっており
担任もかなりの無理をされていた事だったのでしょう・・・

「burumanさんの期待に答える事が出来ません」
「私達の範囲を超えている」

そう学校側からは散々言われ続けましたが、方法はいくらでもある
人間は精神的に追いつめられると冷静な判断もつかないものだと、つくづく感じた経験だった。

 
僕の気持
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ある日の夜、りぃがこんな事を話し出した

「先生が僕の顔をちゃんぽんに押し付けた」 
            「目も鼻も口もほっぺたも汚れて洗いに行った」
「K君は汚れた僕を見て嬉しかっただろうね」絵文字名を入力してください・・・


げっ 「何があったの!?」

連絡帳には、そのような報告は何も書かれていない。

りぃはK君に対しての信頼感は無くしてしまったのだろうか。
2人の関係が崩れて行くのが 残念でたまらなかった。

詳しく話を事を聞くと、原因は給食の配ぜんが終わらないうちに
『ちゃんぽん』を食べてしまった事らしいかおまる

確かに待てなかったりぃが悪い
でも、やり過ぎじゃない?先生・・・顔-ガーン

翌日、直ぐに事実確認をしたが、学校側は勿論認めない
でもね、「目も鼻も口もほっぺたも汚れて洗いに行った」って言葉を聞けば誰だって状況は判断できると思いませんか?

どんな誤解であっても、りぃ本人が『押しつけられた』と感じている事は事実で心に傷を作ってしまっている事は確かなんです。

そこに何とか気付いてほしい・・・
そんな想いから、私は支援センタ-へ事実確認をお願いした。
やはり、食い違いがあるとの報告を受けたが、このような事は今後起こしてほしくないと強く願った。

日に日に、このようなトラブルが起きるようになり
りぃは担任への信頼感を無くしていった
その事に気がついたのは、りぃのこんな一言だったのです
「先生は僕の事嫌いなんだよ」・・・。

担任がいくら誠実な態度で接していても、りぃ本人が勘違いする程限界を迎えているのは何故?

原因は分かっています。 ・・・家庭との連携不足

忙しい日々に追われる担任からは、連絡帳での報告の無い日が多くなり
問題が起きても直ぐに対処出来なくなっていたのです。

報告が無ければ何の対策も考える事が出来ない
それだけでは無く子供の気持に気づいてあげる事も出来ない
学校側は「なるべくマイナス面は家庭には報告せず、達成できたことを家庭には報告するようにしている。」
と、そんな事ばかり主張してくる。

ねぇ!本当にこれで良いの!?困り顔

ADHDは注意欠陥で周りに対する配慮が苦手な障がいだが
自分が見たり触れたり感じた事そのままを表現するのは健常児と同じ。
大げさに表現する子だと見られているようだが、感じたままを素直に表現しているだけで本人が本当にそう感じている事だと言う事は私は受け入れてあげたい。

そこから初めて前へ進めるのだから・・・

しかし指導者の心のストレスが限界にきている事は確かだった。
だからと言って感情的・行き過ぎた指導での事故が許せる訳でも無く
何かが起きてしまってからでは遅いのです。

りぃは学校を嫌がるようになり、激しいチックに悩まされた。

 
SOS
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
4年生になったりぃの状態は急激に悪化していった。
無理もない・・・
2人で過ごしていた平和な教室が、いきなり8人になってしまったのですから

内心・・・
(私がここの学級の良さを外にアピ-ルし過ぎちゃったせいかしら・・・?)××
とも考えてしまう程、この学級は評判がよくなっていたのだ。

しかし、毎日学級は動物園状態 いそげ
皆、野放し状態で、まだ手の掛かる新1年生で担任は精一杯

私は、会社に事情を話し出来る限り学校へ顔を出すようにした
3年生の頃一緒に頑張ってきた男の子(K君)にも大きな変化が出始め、ひとり言が1日中続くようになっていた
それが、沢山の音を拾ってしまうりぃには、たまらなくストレスになっていたようで、日に日に乱暴な口調でK君を非難するようになった。
あんなに仲良かったのに・・・


このままの状態が悪化すると、K君とりぃの心のケアも必要になってくる
そうなると、ますます現場は指導が行き届かなくなることは当然で、担任の精神状態も心配。

自己評価の低下は二次障害へも繋がっていく可能性も高く、とても心配でした

りぃは、自分の気持ちを抑える為、鉛筆をつぶす行為を始めたさとと-えんぴつアイコン名を入力してください
必死に自分の気持ちを抑える為の、あの子なりの対策でした。

以前の小学校では先生からのアドバイスでクッションを用意し、それを学校で使っていた。
どうしようもなく辛い時には、そのクッションに顔をつけて大きな声で叫んだり、パンチしたりしてクールダウン

障がいに甘えないで立ち向かっていけるだけの精神力をつけてあげたい
障がいに甘えて成長し続けることは決してりぃにとってはプラスにはならない
出来ない現実、やってしまう現実をしっかり受け止め、せめてその対策を一緒に考えてあげてくれないかと、私は担任にお願いした。

しかし、そんな余裕は全く無く
日に日に、担任の感情的な行動が目に付きだしたのです。

 
手遅れになる前に
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
特別支援学級へ在籍し、りぃのストレスは
みるみる解消していった^^
その年は、情緒学級2名 それも同じ学年の男の子男の子
毎日が充実し、私も学校へ通う事もぐんと減り
いつの間にか自分の時間が持てるようになっていた。
在宅で受けていた仕事から会社復帰でき少しずつ生活も安定してきた^^

でも、そんな生活は長くは続かなかった・・・

翌年、新たに6名の子供達が仲間入り F☆Cultivation・ランドセル青F☆Cultivation・ランドセル赤
新1年生2名を含め様々な学年の子供達、個性も様々
クラスの雰囲気がガラリと変わり8名の子供達に対し1人の担任は
毎日バタバタ だっしゅ

もちろん、りぃの様子も変わって来た

今までの安定がガタガタと音を立てて崩れ始めたのです。

はじめは
『環境の変化に弱い子供達が集まっているんだから、慣れるまでは仕方ない』
そう割り切り見守っていましたが次々に起きる様々な問題に不安はつのるばかり

会社復帰したばかりの状態で私も思うように学校へ顔を出せない 泣き
毎日、連絡帳でのやりとりの中から、必死に解決への道を探す事しか出来なかった。ノート・手帳

何やってるんだ私は・・・
今、救ってあげなければ、命は救われても発達は救われない
手遅れになる前に・・・
タイミングを逃す訳には行かない・・・
何の為に、ここまで頑張って来たのか!?  頑張れ!!
そう自分を励まし続けた。

そんな時、支えてくれたのが
今まで一緒に頑張って来てくれた親の会の仲間達だったのです。

 
変な子!?
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
妊娠7ヶ月にして
ようやく納得いく産婦人科で分娩予約を入れる事が出来ました。妊婦 
なぜ、今までって?

はい、最初の検診を受けた産婦人科での出来事さとと-病院
私は妊娠してから精神的に不安定になってしまう事がある事や
子供達が『発達障がい』だと言う事を医者へ伝えました。
そして、子供達の通う精神科で軽いお薬を少し処方して貰い
どうしてもキツイ時に飲んでいるってことも話した。

それを聞いた医者は「薬は直ぐに止めなさい」
「精神科との連携なんてとれない」
とあっさり言ってきたのです。

そして、一番ショックを受けた言葉が
「今まで飲んだ分で変な子が産まれるって事は無いから」

安心させる為に言った言葉だったのだろうが、その言葉は更に私を不安にさせた。

はぁ!? 絵文字名を入力してください

先生、今何て?
「変な子」って、どんな子のことよ !?

私には、障がいを持って産まれて来た子と言うふうにしか聞こえなかった。
これって被害妄想かな・・・げっそり

こんな病院、ストレスや不安を抱えてしまうばかり!
直ぐに「別の産婦人科を受診したいから!」と紹介状を書いてもらった。

次に行った産婦人科では、その紹介状に私が薬を飲んでいる事
子供達が『発達障がい』だと言う事が書かれていた為なのか
精神科からの診断書を要求された。

はぁ・・・なんだかなぁ

数日後、
精神科の主治医へ相談すると、直ぐに大きな病院を紹介してくれた。
院内に精神科がある為か、すんなりクリア-
そこの先生「ここの精神科へ通う必要は無いよ」
「でも、何かあったら、僕がいるから^^」と安心させてくれた。

ここで、ようやく分娩する事を決意した訳です

精神科の先生が言われてました「まだまだ、産婦人科には精神科の理解がされていないんだよね-」ってね。

 
戻ってきたハガキ
カテゴリ:長男 りぃ 中1
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
1週間ほど前、何やらりぃとまぁがコソコソ
遠方の祖母へ、ハガキを出してきたらしい
投函した後に聞いた話だったので、私は中身を確認していませんでした。

「何を書いたの?」
「ないしょ^^」・・・なんだか嬉しそう!

でも何日待っても祖母からは何の連絡も無い・・・
きっとハガキでお返事くれるんだろう、私はそう思ってた

「ねぇ、まぁ ○-ちゃん(祖母の呼び名)から返事来た?」
子供達のそんな会話を耳にしながら、私も毎日ポストをチェックしていた。ポスト

夕べ、仕事から帰ってきた父親が「りぃ!○-ちゃんになにか送ったか?」
その言葉に子供達は 「あっ!返事返ってきたんだ~!」と駆け寄って来た!

喜んだ子供達が目にしたのは、1週間前に自分達が送ったはずのハガキ・・・

あれ?なんで?

そう、宛先不明で戻ってきちゃったんです絵文字名を入力してください

住所も途中までで肝心なところが抜けてる・・・
宛名も書かれていない・・・

今まで、何度も手紙や懸賞と、ハガキを送る事には慣れていたはずのお兄ちゃん(りぃ)
やっちゃいましたね(^^ゞ

確認!確認!
又学習したね^^

でも、先日行われた期末テスト
自信たっぷりなご様子のりぃ君
母は何だかちょっと心配になってきました
ちゃんと、確認したのかなぁ~


 
臭い !
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
言葉の表現について『ドキッ』としてしまった事があった
りぃ 小学3年生のある週末の出来事だった。

担任の先生が、うっかり子供達へ給食着を持ち帰らせるのを忘れてしまった日があった。
責任を感じた先生は、クラス全員分の給食着を全て持ち帰り(少人数なので8人分ですが)洗濯、アイロンがけまでやってきてくれた。
1人分でも大変な仕事なのに全員分の給食着を洗ってアイロンがけなんて大変な事だったでしょう

その給食着を着たりぃが一言 顔
「臭い!」
その事が、連絡帳に書かれていた。メモ

そう、りぃは匂いに敏感なのです。
中学生になった今でも、洗剤を変えると直ぐに気付き「前の洗剤に戻してくれ」と言ってきます。

先生には、お詫びとお礼の言葉を伝えましたが、おそらく本人の中では
「いつもの洗剤の匂いと違う=くさい」 だったのでしょう。

思ったことをそのまま口に出したようだが、それが相手に対し失礼にあたる事もあるという事には本人は気付いていない・・・
色々なケ-スで根気よく教えていましたが、まだまだ理解しきれていなかった

今回の失敗で、これが失礼な表現だと学習しても
次に違ったパタ-ンがきた場合
例えば・・・
先生が作ってくれた手作りのおやつに対し、仮に口に合わなかった時に「まずい」と言う発言が出てしまっても、それが=失礼にあたると言うことには繋がらないようで、また同じような失敗を繰り返してしまうのです。
これには頭を抱えていました。

今現在でも、それはマズイ表現でしょう汗 と思う事もあり
わかりやすく説明するもののなかなか理解してくれなく、ついつい話が長くなってしまう。
短く分かりやすく!・・・う-ん 難しい! 失敗して賢くなってくれ~

 
次男の心
カテゴリ:次男 まぁ 小2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

外で遊んでいた次男(まぁ)が息を切らせて帰ってきた
何事かと思えば「お母さ~ん、四葉のクロ-バ-!それも2本も!」
実物を持ち帰ってきた訳ではなく、携帯で撮影した写真を見せてくれた。
あれ?いつもは持って帰ってくるのに・・・

本人に聞くと「かわいそうだったから」と優しい事を言っていたが
実は、実は見失ってしまったらしい
  ははっ アップロードファイル
四葉のクロ-バ-  冷たい手をして鼻をズルズル
            寒さも忘れて夢中で探した様子が伝わってきた
 

そう言えば、私がつわりで寝込んでた時も、クロ-バ-持って帰って来てくれたよなぁ・・・
そ-っと私の寝室へ入って来たかと思えば何かを置いてサッと出て行った
枕元に四葉のクロ-バ-が飾ってあった さとと-クローバー
なんて優しい子だろう・・・とあの時は、思うように動けない辛さもあり涙してしまった私。
四葉 あとで話しを聞くと ・・・
「僕、どうしてもお母さんに会いたくてたまらなくなるの」
「保育園でお母さんを待ってた時みたいに・・・」

そんな事を言ってきたのです。
いつも同じ家の中に居るのに、違う部屋で寝ているだけで、私は子供達に 、こんなに寂しい想いをさせてしまっていたのか・・・
何だか忘れていた事に気づかされた。

共働きでフル勤務していた頃、私は子供と過ごす時間について、時間より質だ!と 自分を励まし、子供と過ごす時間、1分1秒を大切に過ごしてきた。
ありがとう、気付かせてくれて・・・そして「ごめんね」

 
アニマルセラピ-?
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
1度目の引っ越しは、りぃ小学3年生、まぁ年中さんの時だった。
訳はりぃを特別支援学級へ入れる為。
2年生まで普通クラスで共に過ごした環境とも仲間とも別れ新しい環境へと1歩踏み出した。

2年生になり、自分を意識始めたりぃは、自分が他の子と何かが違うと気にし始めていた
あんなに信頼し心を開いていたサポ-トの先生にも避けるような行動をとるようになった。
人の目が気になって仕方が無い(本当は甘えたいのに・・・)
だから1人で頑張る・・・でも上手くいかない・・・出来ない・・・あぅ
そして問題行動・・・
そんな葛藤と小さな心で戦っている我が子の姿に私は 『今しかない!』 頑張るぞ。おーっ。 とある提案をりぃへ持ちかけて見た。

お友達の目を気にする事の無い、別の学校で専門的にお勉強してみない?
そこの学校には、そんな子供達ばかりが集まって一緒に頑張るクラスがあるんだよ
そこで、今まで遅れた分頑張って、取り戻したら又みんなの所へ帰ってこようよ!

直ぐに答えが出ました。
もちろんYES!きゃーん
りぃの即答に私は、この子が想像以上に苦しんでいた事に気付かされた。

お友達に会いたくなったら直ぐに会いに行ける環境
周りを気にせず自分のペ-スで学習できる環境
頑張って自信が付いたら又みんなの所へ帰れる!
これが不安を取り除いてくれたらしい。

早速、新しい学校探しが始まった。
何度も見学、体験を繰り返し、ようやく決まった学校は前学校から車で1時間半ほどの場所にある学校。新居も学校へ近く子供の足で徒歩5分もかからない場所が見つかった。

そして、新たに増えた我が家の仲間、小桜インコ(ゴ-ルデンチェリ-)がやって来た。
賃貸住宅だった為、犬や猫は飼えなかったが、この子の存在と新しい環境で子供達の様子が変わってきた。

レモン

後ろ姿がレモンにそっくりだったので、名前は「レモン」さとと-レモン
完全な手のりで名前を呼ぶと返事も返してくれる。
子供達の表情も豊かになり会話も増えてきたのは、この子のおかげなのかな?ことり

 
1文字違いでアウト!
カテゴリ:長男 りい 小5~6
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
年に何度か実家から 飛行機 飛行機を使って母が遊びに来る
当時は共働きをしていた為、迎えの時間は決まって夜の便でした。
「そろそろ、りぃ1人でも迎えに行けるよう練習させてみようか」と言う事になり
夫と2人でミッション計画。   りぃが、5年生の時の挑戦でした。
翌日、りぃの携帯に父親から1通のミッションメ-ルが届いた。sai.leter-w

(ミッション)
今から羽田空港へ指示された通りに行って下さい
①東京行きの電車に乗ります
②東京駅から山手線で浜松町駅まで行きます
➂浜松町からモノレ-ルで羽田空港第2ビル駅まで行きます
④空港に着いたらお父さんへ電話を入れます
これでミッション終了。


始めは、「何コレっ」と笑っていましたが、ゲ-ム感覚で興味を示し、私が口を出さない(助けない)という事を条件に、さっそく出掛けた。

ミッションメ-ルはこっそり後をつけている次男と父親から、りぃの様子に合わせて次々に送られてきた。
幸い電車内はそんなに混雑はなく本人も余裕で楽しんでいましたが東京駅で顔色が変わってきた。
東京駅は広いし、人の混雑も凄い。大丈夫か・・・。

広い構内では無駄な歩きも多く、何度も立ち止まり質問メ-ルを父親へ送るりぃ。 同行している私も、はがゆい思いで見守った。

「こっちだよ」と答えを教える事は簡単な事
それが出来ない・・・辛く、苦しく苛立ちさえ感じた。

いつも大きな声出して、子供達を連れていく事を大変だと思っていた私・・・
ですが、この時になってそれが、いかに楽でその場しのぎの行動や発言なのか分かった気がした。

なんとか山手線までたどり着いたが、りぃは次にどの電車にのれば良いのか自信がなく、何本も見送った。
それでも黙って見守った。
「この電車だよぉ・・・かおまる」と言う思いで何本も悲しく電車を見送る私・・・

駅の案内板を必死に探していたりぃが、確信をもったような顔をして、戻って来た。絵文字名を入力してください 「お母さん、分かった!こっち」 ばいばい

ん? そっちではないんだけど・・・

りぃに「何を見たの?」と聞いてみると、「これ!」と自信気にその案内板を見せてくれた。

良く見ると、そこには『成田空港』の文字・・・

あっ・・・そっかぁ・・・

田空港』と『田空港』・・・1文字違いじゃんmiss

残念だけど、ここでミッション終了。

ここで間違えば大変な事になってしまう。
注意欠陥は、このような勘違いが非常に多いのです。
頑張っているのに、このような小さなミスをしてしまう。
もう少し落ち着いて考えれば出来る事なのに・・・

でも、これが良い経験となり、次からはメモをとるようになった。
諦めず何度も頑張った結果、今では1人でも迷わす行けるようになりました。
ノ-ト  りぃのメモノ-トです。

 
教えたつもり・・・
カテゴリ:長男 りぃ 就学前
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
最近お腹の張りが気になっていたので
次男を妊娠中に書いていた日記を読み返していた

懐かしく読み返していると
思わず「ぷッツ」ぷっと噴き出しちゃう内容の日記を発見!

妊婦 臨月を迎え、気分が悪く吐き気がした時、隣にいた長男(りぃ)に私はこんな冗談を言っていました

「赤ちゃんが口から産まれてきそう~」

それを聞いたりぃは大きな目をパチパチさせながら

「僕はお母さんの頭から、産まれてきたんでしょう」

??? 頭から?
よ-く考えてみると何日か前に私の友達が

りぃが、頭の方から産まれてきたって事を話していたんです。

その話をストレ-トに受け取ったりぃは
僕はお母さんの頭から産まれて来たんだ・・・
と、思いこんでいたらしい・・・絵文字名を入力してください

夕べ、その事をりぃに話すと本人大ウケして爆笑爆笑

当時、りぃ5歳。
まだ、この子が「発達障がい」だとは知らず・・・
ちゃんと教えたつもりでしたが、細かく噛み砕いて教えていかなくては、と笑いながらも反省した日でもありました。
混乱させてしまったりぃへ、きちんと説明してあげると、何だか安心したような顔をして笑ってたなぁ。。。


 
う~ん!食べたい!
カテゴリ:長男 りぃ 中1
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
無性に、甘いもの食べたくなった。
でも、あいにく今うちのは甘いものが何も無いのだ・・・
元々甘いものは、そんなに食べれないburuman。
食後のデザ-ト(別腹)が分からないのです。
なので、食べたい時は、必ず食前!^^
おいしく食べられます

先月、姪っ子の誕生日に連れて行ったケ-キバイキング
ケ-キだけではなく、軽食も揃ってるバイキングで食べたケ-キ
又食べたいなぁ・・・


ケ-キ

これは、お腹一杯になった子供達がチョコを使って遊び出したお皿
つまようじを上手に使って何やら書き始めたと思ったら
あらあら・・・可愛いじゃない^^

SKATE BORD・・・スペル間違ってるよ
           SKATE BOARDね^^

お皿洗った店員さん、ごめんなさい(^^ゞ

 
期末試験勉強
カテゴリ:長男 りぃ 中1
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
『テスト勉強』・・・頭が痛い
期末テストを1週間後に控え、長男(りぃ)は毎日よく頑張っていると思う
ただ、気が散りやすい事と忘れやすい事が大きな問題(時間のロス)になってしまっている。
解らない所を聞いてくるのですが、こっちが説明をしている最中に、あさってな発言をしてくるのです。
今日も聞いてきたので、私も堅くなった脳みそを必死に動かし説明している最中に「ねぇ○○にはいつ帰るの?」
(冬休みには、私の実家へ子供達を帰す約束をしているんです。 ○○ はその地名)

はぁ!? なんで今その話になるの?
聞いてくれてた? 大泣き

こんな事が日常生活の中で、頻繁に起きてしまう。
だれにだってある事・・・そうなんですが・・・

小さな頃は、周りの子供達や大人もりぃの障がいを理解してくれていたので、こんな事があっても 今ほど困ってはいませんでしたが、転居を機に取り巻く環境が変化し、りぃの障がいを知らない人がほとんど・・・
そんな人達に不愉快な思いをさせてしまってはいないかと不安になってしまうのです。本人とは、何度も話し合っているのですが、その話し合いの最中からこんな感じなんですよね・・・

今日は何だか、りぃのテンションが高い
「何か良い事でもあった?」と聞くと、「悪い事があった」と・・・
絵文字名を入力してください何かと思えば、背伸び した時にYシャツのワキがビリッツと破けた。だってたはー

なんだ、そんな事か・・・
ビックリさせないでよぉ-!

 
癒されました
カテゴリ:休日のひと時
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

先日、学級閉鎖の為、外出を控えていた子供達・・・
ストレスも溜まり落ち着かない様子でした。
最終日の休日の夕方、突然「出掛けるぞ!」
PCで何かを調べていた主人が動き始めた。

山梨県、富士河口湖で開催されている 『紅葉まつり』 紅葉したモミジバフウの葉02(暗い背景用) †SbWebs†紅葉したモミジバフウの葉03(暗い背景用) †SbWebs†
夜になるとライトアップされているんです。

その日の東京の気温は10℃と、平年より冷え込んでいましたが
現地は更に寒く 気温2℃jumee☆ice-skating1a さむ~い!
車から降りると、吐く息が白いの!

富士山 目の前の富士さんは、 雪をかぶっていました。
紅葉も素敵でしたが、月明かりで湖に映る富士山が、また最高に綺麗でした!

来て良かった・・・

紅葉 きれいでしょ! 



kawaguchiko2  あ~!暗いねぇ(>_<)


あの迫力には、ホント勇気をもらったような気がします。
「先の事なんか、心配するな!」なんて声が聞こえてきそうでした

ちょっと、歩きすぎて疲れちゃったけど、冷たい空気と紅葉で心は癒されましたよ


 

 今日は6日ぶりに、外へ出てみました。
やっぱり気持ちぃ~
近所でも、秋を見つけましたよ。 今頃?って感じですが・・・

どんぐり!

どんぐり 寒い冬は、もう目の前ですね

 
「わ」の意味とは・・・
カテゴリ:次男 まぁ 小2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
LAWSON 秋のリラックマフェア-

次男(まぁ)はコツコツ、シ-ルを集めていました。

20点集まると、かわいいリラックマ ス-プマグが貰えるんですよね♪

頑張って40点、集めましたよ^^

会社帰りに貰って来てね!
と父親にシ-ルを預けたまぁは、気になって父親の携帯へメ-ルを入れた
メール 「お父さん、リラックマのス-プマグ!忘れずにもらってきてね」

もちろん、直ぐには返事は返って来ない・・・(仕事中ですから)

1時間ほどたった頃でしょうか、「お母さ-ん お父さんから返事来た~」
まぁが、嬉しそうに走ってきた

「で?何だって?」

「  だって」にっこり

わかった って事だよね」にっこり

あははっ^^ よく理解した!
「そうだね~お父さんキット忙しかったんだよ^^」

すっ、すごい 苦笑い  うちのお父さんを良く理解してるわ

約束通り、ちゃんと貰って来てくれました絵文字名を入力してください


リラックマ

更に、あと2つ分、お父さんが会社の皆様より集めて来てくれたのでゲット出来ました。
会社の皆様、ありがとうございました~!!
この2つは、2週間待ちです!

 
新しい命
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

夕べは一睡も出来ず朝を迎えてしまいましたが
今朝は体の調子が良く、久しぶりにPC触っています!

今日は、皆さまにご報告したい事があります 
来年3月、我が家に新しい家族が仲間入りする事になりそうです。 
Bebi 初診の時の写真です

体調不良の原因は「つわり」・・・。げっそり

皆さまには、ご心配お掛けしてしまい申し訳ありませんでした。
もうすぐ無事、安定期に入るので、少しは楽になってくると思います。

今回のつわりは、良く言えばマタニティ-ブル-とでも言うのでしょうか・・・
動けない辛さや苛立ちから、どんどん自分を追い詰めてしまい、どうあがいても物事をマイナスにしか考えられなくなってしまいorz

本当に苦しかった・・・

先日行われた小学校での個人面談。
いつもは、夫と2人で行くのですが今回は、つわりが酷く夫にお願いしました。

15分程度の面談なはずが、1時間以上・・・
まぁ、毎回うちはこんな感じで時間が長くなってしまうので、必ず最後にしてもらっているのですがあせ

悪い予感的中!
夏休み明けぐらいから、まぁの様子がおかしく、集団生活が出来ていなかったらしい・・・

私が、寝込んでしまった事が原因だって、分かってます。絵文字名を入力してください
あ-又、昔のトラウマが・・・
まぁを妊娠した時もりぃの様子がおかしくなったんだよなぁ・・・悪夢がよみがえってきた。

そんな私を、夫はあっさりと安心させてくれた
「夏休み明けは、どの子も生活の乱れはあるさ、今気づけた事に感謝して対策を考えればいい!」 「あの頃のりぃとまぁでは無い 環境も違えば、父親も違う^^(再婚なんで・・・) 俺はしっかりサポ-トするよ」 そう言ってくれました。

又、新しい命で家族の絆が出来る。
期待に胸膨らませ、皆で頑張っています。 
おまもり母親から貰った安産御守り。

ここ1.2ヶ月で夫に何度怒りや不安をぶつけた事か・・・数え切れません。
本当に申し訳なく思っています。

少し元気になってきたので、気分の良い時は、優しく見守ってくれた子供達の事を書き留めておきたいと思いますので、皆さま応援宜しくお願いします!


 
辛かった夏休み
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
皆さま、長かった夏休みいかがお過ごしでしたか?
沢山の夏の思い出が出来ましたか?^^

実はburuman、タイミング悪い事に、この夏休みに体調を崩してしまい散々でした。
最近、ようやく体が楽になり、こうしてブログの更新も出来るようになりました。

もともと、夏休みは、子供達中心になってしまう為、「ブログはお休み!」と自分なりに割りきっていたのですが、子供達中心どころか、私自身が体調を崩してしまい、すっかりヤツレてしまいました。アップロードファイル

主人の協力や、実家から母親が飛行機飛んできてくれたおかげで、なんとか、子供達には不自由させなくて済みましたが、やはり、母親が寝込むと良い事ありませんね!

幸い、近くに私の双子の姉が住んでいるので、心強く少しづつ元気を取り戻しています^^

体調の良い日は、少しずつ皆さまのブログへ足を運びたいと思っておりますので、また、宜しくお願いいたします!

☆PS
心配して電話やメ-ル、コメントを送ってくださった方々へ
「沢山、励まされ勇気を頂きました。 本当にありがとうございました。」

 
音楽花火♪
カテゴリ:休日のひと時
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

 

夏休みに入り、ブログをゆっくり楽しむ時間が減ってしまってます・・・
まぁ、仕方ありませんね
休み中は、更新や訪問が不定期になってしまいますが今後とも宜しくお願いします

アップロードファイル花火大会行ってきました~
ここの花火は、♪音楽花火で私も子供達も大好きなんです^^
静止画には、うまく収めきれませんでしたが
ありえない程の花火がいっせいに曲に合わせて打ちあがります。
buruman,感動して涙が出そうに・・・キラキラ感動

hanabi1


hanabi2


hanabi3


hanabi4 
お腹に「ど~ん」と響く迫力ある音楽花火!
      最高でした。 また来年が楽しみです!笑い。


 
虹だぁ~^^
カテゴリ:休日のひと時
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児



rainbow 虹発見!車の中から携帯より撮影したので
あまり、キレイに撮れませんでしたが・・・

虹NO1
うっすら、二重になっているのが分かりますか?^^
クリックして大きな画面で、虹と虹の間を飛ぶ飛行機見つけられたらラッキィ-!

虹NO3
ず-と向こうまで繋がっていましたよ~
運転手のお父さん以外、みんなシャッタ-押しまくり^^


虹NO2
夕日の中の虹、飛行機からも絶景だっただろうなぁ~。

 
本当は嫌でたまらない!
カテゴリ:長男 りぃ 小1~2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
りぃ、小学1年生(今から6年前・・・)

小学校に通いだし、友達との遊び方も変わってきた。
この頃、私が気になっていた事が、くすぐり行為。
大人でも、小さな子供には、くすぐって笑わせコミニュケ-ションを取ったりするものだが、りぃは、何か反応がおかしかった。

確かに笑ってる、でも苦しそう・・・
ある日、私は
「止めて!」もうそれ以上続けないで!そう感じた瞬間があった。

相手をしてくれた、親戚のおじさんに向かって、ムスっとした表情で、その場を立ち去るりぃ・・・
酔っぱらったおじさんは、気分を損ねて、「せっかく相手してやったのに・・・」とブツブツ言ってた。

お友達とだってそう
みんな、りぃがケラケラ声を上げて笑う事が嬉しくて、くすぐってくる
でも、本人は苦しくて、息が出来なくて、止めてって言いたくても声が出せない・・・
そして、私が止めに入ると、涙を流して床にツバを吐くというより、流し出す(吐き出す)。
そんなりぃを見た友達は、「どうして?さっきまで、あんなに笑ってたのに・・・」と驚いた。

嫌だったんだね・・・

直ぐに担任にも事情を話し
クラスの子供達へ分かりやすく話して頂いた。

りぃは場に合わない笑いをする事も多く、相手に不愉快な思いをさせてしまう事がある。
くすぐられて笑う事はおかしな事ではないが、叱られている時に、周りで何かおかしな事があったり思いだした事があると笑いだしてしまう。
別の事考えてるんだろうな・・・

感情豊かなのは良い事だが、コントロ-ルできなければ、嫌な事を止めてと言う事も出来なければ、笑ってはいけない所で我慢する事も出来ないんだよなぁ・・・



 
セルフエスティーム
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
久々の更新です^^

新しい教室
りぃ、小学3年生。 今から4年前・・・
新しい教室で、たった2人の授業が始まった さとと-えんぴつ

クラスメイトは、同じ学年の男の子!
直ぐに仲良くなり、遅れた学習も、ゆっくり確実に取り戻しはじめた。

担任の先生は年配の男の先生^^
りぃは、幼少期に、ある男の先生から、とんでもない扱いを受けて以来、男の先生には少々抵抗を感じていましたが、個人的で適切な先生の対応に、少しずつ心を開いて行きました。

学習に集中できず、奇声を発したり、落ち着けない時も、焦らずゆっくり見守ってくださる環境に私は
『自分の判断は間違っていなかった』そう確信しました。

1.2年生を過ごした普通学級では、どんなに頑張っても、クラスメイトや担任に大きな負担がかかってしまってた・・・
それでも、必死に答えようと頑張って下さった先生方には本当に頭が下がる思いでした。感謝しています。

そんな先生方の気持に答える為にも、頑張らなきゃいけない!!
無駄には出来ない。見てて下さい!


という気持が、あの頃も今も,私の心の中で生き続けているのです。

この支援学級へ転校後、沢山の壁もありました。
ですが、そんな高い壁を乗り越えて来れたのも
前学校の先生方や保護者の方々の温かい見守りや応援があったから

何かが起こってからでは無く、「起こる前に」手を打つ。
大人になるまで、こんな事続けていく事には限界があります。
何かが起こってしまった時、自分で適切な判断や解決出来る力(社会的スキル)も希望を持って育てていかなくてはいけませんからね。
ですが、やはり土台はセルフエスティーム! 
Self-esteem(自尊心)を下げない事だと思うburumanなのです。人差し指
転校は思いきった決断でしたが、後悔はしてません^^


 
決 断
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
りぃは、小学3年生から別の学校へ転校しました。
仲良くしてくれたクラスメイトや保護者の方々、担任の先生までもが
「何故?」と疑問を持ちかけてきた。
そう、転校するまでもなく、クラスでも仲間の理解や助けがあり、問題無く元気に学校へ通っていたりぃ。
ですが、この年齢になり、本人がある事に気付き始めた事を私は見逃さなかった。

宿題の内容が皆と違う
テスト内容が皆と違う
皆と同じが良くて、挑戦してみるものの、上手くいかない。
そんな悩みを小さな心で抱え始めていました。

こんなにも恵まれた環境を離れる事は私にとっても本人にとっても辛く不安な事でしたが、このまま3年生へ上がれば、ますますこの問題は難しくなるだろう・・・私は、そんな事を考えはじめていた。

その為に今考えられる対策とは・・・
この子のレベルに合った支援。
だが、同じ学校内で支援クラスへの変更には、抵抗があった。
この2年間のキラキラした思い出は、輝いたまま、りぃの心の中へ残してあげたかった。
その為、私が決断した事は、他学校への転校
それも、特別支援学級への在籍を希望。

遅れた勉強をゆっくり取り戻し、失いかけた自信を取り戻す為。
本人には、まだ先を考えた判断能力はありません
今は楽しいかもしれないけれど、先で苦労するりぃの顔は見たくない
そんな思いから、私は、何度も新しい学校へりぃを連れて行き本人が納得いくまで検討した。

お別れ握手?

この写真は、仲良くしてくれたお友達との最後の日
握手が腕相撲へ何故か変わってしまい大盛り上がりした様子。
りぃらしい^^

見つけた学校は、前学校から車で1時間半も掛かる程、離れた地域でした。

心を育ててくれた2年生までの思い出を踏み台に
新しい地域で、新しい生活
新たな挑戦が始まりました。

新しい学校の特別支援学級には同じ学年のアスペルガ-症候群を抱える男の子が1人在籍していました。
その年は、りぃが入って2人でした。

 
てがみ
カテゴリ:長男 りぃ 小3~4
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
りぃ、10歳の誕生日に私が贈った手紙・・・
13歳になったりぃは、まだ持っていてくれているだろうか・・・
おぼえているだろうか・・・
PCの記録に残っていたので、ここに記録します。

(りぃへ)
りぃが、お腹の中にいることがわかった日
すっごく嬉しくて、その日の夜はなかなか眠れなかったんだよ^^

りぃだって、とっても嬉しいことがあった日や、楽しいことの前の日は、なかなか眠れないことあるでしょう そんな気持ちの何十倍も嬉しくって、眠れなかったことを覚えてる。

あなたが生まれてくるまでの間、お母さんのお腹は、どんどん大きくなっていきました。
そして、よくお腹の中から、あなたにボコボコ蹴られてたけれど、それがとっても可愛くて、嬉しかったことを覚えています。
予定日よりも、3日も遅れて生まれてきたあなたの体重は、なっなんと
4100グラム!
ぎょえ- !!「デカイ」。みんなビックリ!

初めてお母さんのおっぱいを飲んでくれたのは生まれて48時間後、真っ赤な顔をして一生懸命飲んでくれました。うれしかったな-
今では足のサイズも背丈も、お母さんと同じだし、ご飯もモリモリ食べてくれるまで成長してくれたね

いつも元気で一生懸命なりぃがお母さんは大好きです
これからも、あなたらしく自分を信じて生きていってきださい。

何日か前に、あなたは
「お母さん、もしも僕の障がいが治るとしたら、何だってする?」と聞いてきたよね、そのときお母さんは
「りぃの障がいが大好きだから、そんなこと考えない」って答えたの覚えているかな?
お母さんは、本当にあなたに
「生まれてきてくれて有難う」って思っています。
沢山、沢山、あなたから大切なことを教えてもらったような気がします 
本当に有難う。
これからも、一緒に色々なこと覚えていこうね!きっと楽しいよ。
                              

 
秘密の時間
カテゴリ:次男 まぁ 小2
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
最近の次男(まぁ)のお楽しみは
30分間のゲ-ムタイム。毎日では、ありません
その訳は、まぁとburumanだけの秘密の時間だから・・・^^

長時間、ゲ-ムに熱中すると私生活に大きく影響してしまう2人なので
我が家では30分以上はやらない!という約束があります。
それでも、やり始めるとなかなか切り替えが出来ず、結局ケンカや叱られるハメに・・・


りぃは毎日スケ-トボ-ドに夢中で、ゲ-ムの他に楽しむ事を見つけていますが、7歳のまぁは、まだそれほど魅力のあるものとは出会えていないようで、やっぱりゲ-ムが一番楽しい!!

周りのお友達も皆ゲ-ム、ゲ-ムで、「ねぇ、ゲ-ムやらせて」の嵐。
最近はずる賢くなり、わざわざお友達の前で、ゲ-ムを要求してくるようになった。
それでも、例外はありません
ケチな親だと思われるかもしれませんね・・・
お友達の家で楽しむ分には制限が掛けられないので見守っていますが
やり過ぎて帰ってきた日は、精神的に乱れが凄いので直ぐに分かってしまいます。
素直で嘘がつけないまぁは、「ゴメンナサイ」と告白してきます(笑)
友たちとの関係もあるので、多めに見ていますが、だからこそ家庭でのゲ-ム時間には制限掛をけなければと思っている。

そんな、まぁと私は最近、秘密の時間を持つようになりました♪
秘密って所がミソなんです
なんだか、ドキドキして楽しくありませんか?
これぐらいの遊び心はいいかなって、勝手に判断しております。
制限掛け過ぎても、良くないですから。

お父さんにも、お兄ちゃんにも内緒ね
でも、これだけは約束して!とある約束事をしています。

それは
「あ~楽しかった。」って終わる事。
それが出来れば必ず又次のチャンスがあるって事を説明。

5分前に「それそろ終わるよ~」と声を掛けると
始めの頃は、ひきつった顔して「あ~楽しかった。ありがとう」って心にも無いセリフを言いながらシブシブ止めていましたが
最近では、気持良く、すっきりとした顔で「あ~楽しかった。ありがとう^^」とお決まりのセリフを言い気持のよい笑顔で終わる事ができるようになりました。

秘密と言っても、お父さんもお兄ちゃんも知ってるんだけどネ^^
秘密の時間にする事で、得した気分にもなるし、出来る時間も限られます。
大成功でした\(^o^)/

 
違和感はあるけど
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
今朝、会社へ行った主人の腕時計がパソコンの横に・・・

あ-忘れてるぅ!!がーん

車は主人が乗って行ったし、あったとしても首都高は怖くて運転出来ないburuman。
電車で届ける・・・?え-めんどくさい。
でも、きっと不便だろうなぁ・・・あせ

一応メ-ル入れとくか
「時計忘れてるよ」・・・送信・・・。
届けようか?とは入れなかった私・・・ゴメンjumee☆sweat2Rb

返事は「時計は何処でも付いてるし、携帯もあるから不便ではないけど違和感はある。」と言う内容だった。

そう!そう!
子供達が苦手としている事の1つに
大人みたいに、直ぐに代用できる方法を考えられない事がある。
これが、ナカナカ難しいようで
切り替えが出来ないと言うか・・・拘りが強いと言うのか・・・
たぶん、子供達の場合いつも使ってる時計がないと、他に時間を確認する方法が見つからない
見つけられない事が多いだろうな・・・

違和感はあっても、方法は1つだけではないって事
何度でも教えなきゃね

何事も経験だなぁ・・・


 
原点を見た
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

今日、機会あって素敵な人の話を聞く事が出来た。
その方は、盲目と言う障がいを抱えていらっしゃいましたが
そんな事をつい忘れてしまうほど輝いていらっしゃいました。

その方のお話の中で、はっと気付かされた事がありましたので
少しだけ、ご紹介させて下さい。

中学時代、ある友達から自分には見えない景色を
「綺麗だね」と言われた事があったそうです。
それが、とても嬉しく、見えないけれど、一緒に遊んでいるという
大きな喜びを感じたそうです。

障がいを抱えた自分とではなく
自分という人間と向き合ってもらえた・・・キラキラ


心と心の繋がりの大切さを改めて実感させられました。

それから、一人の人間として
自分から声を掛ける事が出来るようになったそうです。

『障がい』がある事を気遣う事は、時に
その人の可能性までも奪ってしまうのかもしれない。

改めて、子供と向き合う原点を見せて頂いたような気がしました。

 
ポニョ
カテゴリ:burumanのひとりごと
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
『崖の上のポニョ』
映画館では見れなかったけど、DVDレンタルしてきました♪

お風呂で、の~んびり遊んでいた次男(まぁ)に知らせると
予想通り大喜び!

愛用のクマさん枕を、お風呂で洗っていたはずでしたが、いつの間にか
「新幹線!♪」と言って、クマに跨り前足を両手で操作してた・・・苦笑

スケボ-に出掛けていた、りぃにも「今晩見るからね!」と連絡を入れると
「おぅ、やったぁ!」
中学生になっても、まだ興味あるんだぁ~とちょっぴり嬉しいburuman。


内容に関しては、まだ見てない方へ申し訳ありませんので触れませんが
またまた、ジブリの不思議な世界へ引き込まれてしまいました^^


崖の上のポニョ崖の上のポニョ
(2007/12/05)
藤岡藤巻と大橋のぞみ大橋のぞみ

商品詳細を見る


 
チャレンジ!
カテゴリ:次男 まぁ 就学前
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

夫の何気ない一言から始まった私達の挑戦。
「本当に言えないんだろうか・・・」

なんでも「んっ」、「あ-」で気持を表現してくる次男(まぁ)へ私は
「○○なの?」「○○したいの?」などと問いかけていました。
その問いかけに対し次男は「うん」と首を縦に振ったり、横に振ったり・・・
これが、サポ-トだと思っていた。

でも結果として、まぁは気持を言葉で伝える事が苦手で、トラブル続出。
「お口で気持を伝える練習しようね~」と、言っていながら、もしかして私、自ら子供の可能性潰してる?

そこで考えた。
代弁せず、この子が自ら言葉で伝えなきゃいけない状況を作ってみよう

デパ-トでのトイレ。   いつもは私へ訴えてくる

この日は心を鬼にした。

涼しい顔をし、「店員さんにトイレ何処ですか?って聞いてごらん^^」
まぁは、いつもと違う私の態度に苛立った。

なかなか動かない・・・

「お母さん聞いて!」「自分で聞きなさい^^」この会話が繰り返された。

我慢ができなくなったのか、まぁは近くに居た店員めがけて走って行った。
何か言ってる。
もしかして、自分で言えた?

笑顔で、まぁが帰ってきた。アップロードファイル

「トイレ、あそこだって!!」

言えた!!!えぇ

「そう!じゃ行こう!ダッシュ どこ?」 「こっち!」 一緒にトイレまで走る中、会話はなかった。

嬉しくって、喋ったら泣いてしまいそうだったから(笑)
いつもの事ながら、些細な成長が嬉しくてたまらないburumanなのです。
あたりまえって顔して頑張った。
無事トイレを終えた次男は「自分で聞けたよ」と満面の笑みだった。

それからと言うもの、家の中でも、代弁はしない方向で見守った
お水を飲みたいと言う意思表示に空のコップを私に「んっ、んっ」と差し出すまぁ。
「ん?何?お口で言って」・・・ 「お水」
「お水がどうしたの?」 ・・・「お水、飲みたい」
「そう、お水飲みたいのね。それで?」・・・「お水、入れて」
「何処に?」・・・「コップ」
「あっ、はいはい^^」

「ちゃんと、言えたね~!
まぁが上手に伝えてくれたから、よく分かったよ~ありがとう。^^」


こんな感じで、スモ-ルステップアップ。

外食先でも、自ら店員に「お水下さい」って言えるようになりました。

「去年のまぁと今のまぁは違う、成長もしてるし、環境も違う。今までのサポ-トがあったからこそ、次へ進めるんじゃないか」と言ってくれた夫。
おそらく、今まで私が必死にやってきた対応を否定しないよう気遣ってくれた言葉だったのだろうと、当時は開き直っていた私ですが、今となってみれば、代弁も大切なサポ-トだった事がよく分かります。


困ったのは、お寿司屋さん。
値段も気にせず、高いものを平気で注文する子供達
ちょっとまったぁ~!汗
                   まだまだ、教える事はありそうだ・・・

 
ことば・・・
カテゴリ:次男 まぁ 就学前
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
言葉・・・
言葉のコミュニケ-ションに心配があった2人の息子達
長男(りぃ)は言葉の教室に通ったり
心の教室へ通いながら、乗り越えて来た壁。
次男(まぁ)には、生まれて間もない頃から、私は
異常なほど気を使い話しかけたり、笑わせたりしてきた。
長男の事だけで精一杯だったあの頃
色々な支援機関を頼っている時間も気持のゆとりも無かったのだ。
自分で出来る限りの事は精一杯やった。

だが、結果は長男と同じ・・・
頑張ったけれど、やっぱり言葉の心配は年中さんぐらいから出始めた。

年長児さんから、変な発音をする事で、からかわれ
問題行動を起こしてしまったり
うまく言葉で気持を伝える事が出来ず泣いてしまったり、暴れたり・・・

・・・
あんなに気をつけて接してきたのに、どうして?

保育園の先生方からは、「沢山話しかけてあげて!」とか
「お仕事休んで、まぁ君と1日デ-トでもしてみたら?」なんて事も言われ
ショックを隠しきれない私。
まるで、私が子供と関わっていないみたい。

頑張っていただけに、その先生方の言葉が悔しく
素直に受け入れられなかった・・・

 
Back | Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。